★独り言 雑記

あれ?なんかやる気がなくなってきたかもしれない。。

投稿日:

こんばんは、サチヲです。

あれ?なんかやる気がなくなってきたかもしれない。。

次のお正月休みでやる気がなくなってしまうかもしれない。。

最初、あんなにやる気があったのに今はそうでもない。。

あなたは、このような壁にぶつかりそうになる一歩手前に立ったことはありますか。

私は今がそうです。なにも手立てをしなければ、やっていたことをやめてしまい継続はできません。

これはもうあの時の感情を思い出すしかありません。

それは、『情熱』です。

あなたが『継続』できそうにないぁと思った時に読むピンポイントブログです。

このピンポイントブログを読むとどうなる??

  • 止まりそうな背中を押してもらえる
  • 今やっていることを継続して行えるようになる
  • リスタートした時に、前回以上のスタートダッシュができる

目標達成の為のエネルギー8要素。その優先順位の1番に君臨する『情熱』。

思い返してください。先程の壁にぶつかる手前の時の自分の状態を。『情熱』があまりにも無かったり、弱かったり、不明確だったりしませんか?。

では、ナニに『情熱』をかけるのかというと「あーゆーふうになりたいから始めたんだ」とか「お金持ちになってもっと楽をするぞー」とか「今年中に痩せて彼氏彼女をつくるぞー」とか、最初に思った純粋無垢な『目的』にです。

サーレーもこんなこと言っていました。
「ええ!希望とやる気がムンムンわいてくるじゃあねーかッ!おいッ!情熱を持ってブチャラティの野郎から6億円を奪ってやれるぜーッ」(人生指定図書・ジョジョの奇妙な冒険、第50巻より抜粋)
とね。

そうなんです。『情熱』を持てば希望とやる気がムンムンわいてくるんですよ。

 

一度、「本当に心の底からやりたいのか?」と、この機会に少し考えてみてください。
これで、特に情熱が湧いて出てこなければやめてしまいましょう。

無理やり続けることなんてしなくても良いし、継続にこだわる必要もありません。
むしろ、自分には合っていないことが分かって良かった。

しかし!

“やらなくてはならないもの”から“したくてやりたくてしょうがないもの”へにまで昇華するほどの情熱(目的)を思い出せたなら、

あなたのやっていることは間違っていません。大丈夫です。誰がなんと言おうがあなたが育んだ大切な芽ですから。

もしもやめてしまったとしても、その情熱がまた湧き出てきたら、またやり始めましょう。リスタートは何回やってもタダですからね。

さて、年末年始のブログは『ジョジョ祭り』にするか『メタル祭り』にするか『ハンタ祭り』にするか迷います。

良し!!やろうッッ!!!

ではまた。

 

-★独り言, 雑記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『オズボーンのチェックリスト』 | アイディアが浮かばない際に発想する為のリスト…そんな便利なモノ

2021/09/26(更新日: 2021/09/26) こんにちは、サチヲです。 「もう…何をどう考えても改善点が出てこないッ!アイデアも出てこないッ!それなのに期限が明日までなんて到底できません!! …

百獣の王『武井壮』の知られざる姿。知ってますか?【考える】という技術があること。

こんばんは、サチヲです。 武井壮の個人事務所の宣材写真です。 百獣の王『武井壮』の知られざる姿。知ってますか? 小さい頃に両親は離婚。母は家を出て、父は別の家庭を持ったことで、兄の情(じょう)と少年時 …

【スバニュー】#5 | 『シュウカイドウ』 | 俳句では秋の季語として詠まれる花が栃木県で咲き誇る!

2021/09/13(更新日: 2021/09/19)   こんにちは、サチヲです。 めでたくて明るい、素晴らしいニュースだけをお届けする略して【スバニュー(素晴らしいニュース)】は、『お花 …

弘中勝の人間力、人物像とは | 弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#2

2021/05/05(更新日: 2021/07/19) こんにちは、サチヲです。 私が勝手に感じているイメージで申し訳ないのですが…自己啓発的なフワフワしたものを嫌い、目に見える行動と分かりやすい言葉 …

ジェフ・べゾスの名言 | Amazon創業者であるジェフ・べゾスの幼少期の体験から引き起こされた言葉とは

ジェフ・べゾスの名言 | Amazon創業者であるジェフ・べゾスの幼少期の体験から引き起こされた言葉

2021/03/02(更新日: 2021/08/07) こんにちは、サチヲです。 格言は『タイミング』です。 格言というのは万能ではありません。いつ、どのような時に読むかで効果が変わるやっかいな言葉で …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。