★独り言

情報の取捨選択について | 弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ

投稿日:2021年4月18日 更新日:

こんにちは、、今回は『弘中勝』の常人ならざらぬ頭の中(考え方)を覗いてみようシリーズです。

あなたは、目の前の情報が「本当に自分にとって必要な情報なのか?」を自信をもって精査することができるのでしょうか。
私はできません!

だからこそ、弘中勝に登場してもらいましょう。

情報の取捨選択について | 弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ

曰く。

何かを褒め称えているような情報、もしくは何かを批判したり貶したりしている情報が世の中にはたくさん蔓延しています。
そういう時に、その情報の出どころが、「その分野を極めた上での情報なのかどうか」を見てみる、ということです。

ふむふむ。私は「極めた上での情報か?」という所が苦手で、自分にピッタリな情報なら、そのまま鵜呑みにしてきた情報が多々あります。
ではどうするべきか!?

例えば、カナダに半年ほど留学した人が、「留学するならカナダが良いと言える、5つの理由」みたいなことを、すぐブログなどに書きたがります。

そういうのを見て「なるほど、留学ならカナダだな」などと思ってしまうのは、情報力の低い人の思考です。

その人は「私はカナダに留学したんだぞ!」という自慢をしたいだけで、その半年という留学の経験だけでその話を情報として出しているわけです。

「留学するならカナダが良い」と言えるためには、十何ヵ国ぐらいをたくさん留学してみて、「その経験の中で一番はカナダだった」というなら、これは「留学を極めた上の情報」と言えるでしょう。

でも、そうではなくカナダだけ、半年だけの中の話だから、それは留学に関する情報なのではなく、「その人の半年の経験からのエッセイ」に過ぎない、という風にとらえたほうがいいのです。

「これは情報ではなく、ただの雑感」。「これは情報ではなく、ただの評論」。
というような判別ができる上でその話を取り入れれば、自分の中で有用な情報を取り入れられる感性が磨かれます。

スマホを一度も触ったことがないガラケーユーザーに 「スマホよりも、ガラケーはこういう所がいい」などと言われてもほぼ空想の話が多いように、極めていない人の話には信憑性がほぼないのです。

 「学歴なんて必要ない」という学歴不要論者の話も、東大大学院などを卒業して高い学歴を極めてみて「あまり要らなかった」と言うのならばまだしも、低い学歴の人が学歴不要論を語ったところで、負け惜しみと取られるのは、しょうがないことです。

決して、それを発信している人が悪いわけではなく、また全員が有用性ゼロというわけでもないのですが、「まあ、自分が得るべき情報ではないんだろうな」というぐらいに思っておけばいいのです。

いやはや。ただのエッセイだなんて…いつもながら笑えるくらいヒドイ言われようですよね。

しかし、謎の説得力があることは間違いありません。

ということは…

私のブログは、情報ではなくただの論評という事になります。
個人ブログだからと言って、良しとしてはいけませんね。これでは、私のブログは『ただの日記』と化してしまいます。

 

しかしそうか…極めるのか。コレが一番むずかしいと思われます。もちろん主観は大切です。

自分の強みの分野のブログが続きますが、少しづつで『情報』として認識してもらえるブログを書いていきますね。

今後ともよろしくお願いいたします。

ではまた。

 

-★独り言
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

改めて『継続』の大切さを身に刻むことにします

こんにちは、サチヲです。 改めて『継続』の大切さを身に刻むことにします。 ●500時間…。 ある1つのことを成し遂げて『ある程度』『趣味程度』できるようになる時間。   お茶や華を、週2時間。1年を5 …

【スバニュー】#5 | 『シュウカイドウ』 | 俳句では秋の季語として詠まれる花が栃木県で咲き誇る!

2021/09/13(更新日: 2021/09/19)   こんにちは、サチヲです。 めでたくて明るい、素晴らしいニュースだけをお届けする略して【スバニュー(素晴らしいニュース)】は、『お花 …

【バンド教室】バンド結成時から直ぐにオリジナル曲をつくらない方がいいのは何故か?? No2

こんにちは、サチヲです。 昨日に引き続き、重要な目的として『バンドの成長』に重きをおいた流れです。 その目的を大切にするバンドなら、バンド結成時からすぐにオリジナル曲をつくる前に3つの行動をしてからで …

【ZETMAN】漫画家・桂正和 | 誰よりも変身ヒーローの『正義』という、理想と現実に向き合う漢。

2021/09/16(更新日: 2021/09/18) 週刊ヤングジャンプ。公式HPから抜粋。   こんにちは、サチヲです。 時代、世代ごとに、それこそ『田河水泡(のらくろの作者)』の時代か …

似た言葉をつかうムズカシサ | 「公平(機会平等)」と「平等(結果平等)」の素晴らしい説明

2021/05/24(更新日: 2021/05/25) こんにちは、サチヲです。 今回は、2002年、国際金融小説『マネーロンダリング』でデビューした作家『橘玲』さんの言葉です。 似た言葉をつかうムズ …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。