★独り言 イケてる言葉

最初に弘中勝を好きになったきっかけになった言葉です | 弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#4

投稿日:2021年5月23日 更新日:

私が勝手に感じているイメージで申し訳ないのですが…自己啓発的なフワフワしたものを嫌い、目に見える行動と分かりやすい言葉ではっぱをかけながらも、冷静沈着で超絶現実主義者で、なによりも企画力がズバ抜けている『弘中勝』のイケてる人の言葉を共有させていただく時間となりました。

今回は、最初に弘中勝を好きになったきっかけになった言葉です。

私は頑張っていることは素晴らしいので、「頑張る」という言葉が好きです。

ふわふわな自己啓発本などを読むと

「頑張るとはもともと『我を張る』という意味なのであなたは無理に頑張らなくてもいいのです」

「頑張りすぎるのもよくないという意味を込めて『顔晴る』という字を使いましょう」

みたいなことを書いていたりしますが、そういうふわっふわな主張は横に置いておき、頑張って物事に当たる人は、すごく好きです。

使う人にお任せはしますが、私は『顔晴る』という使い方を真っ向からバカにした、否定した語り口を生まれて初めて読みました。

こんな現実的な方で、この先の続きは、「…『顔晴る』とか言っている人は漢字の意味、生まれを完全に無視した方で、日本語を侮辱している…」とまで言いきった、まさに竹を割ったような人です。

こんな超現実的な考えの経営者に出会ったことがなく、一気にファンになった次第です。

まだまだ、弘中勝のボヤキにも似た、正直な言葉がありますのでゆっくりと共有させていただきます。

ではまた。

前回はこちら。
報告と連絡について | 弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#3 | サチヲん家 (sachiway.net)

次回はこちら。
弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#5 | 今回は『スタートを切っておく』というお話です | サチヲん家 (sachiway.net)

-★独り言, イケてる言葉
-, ,

執筆者:


  1. […] 前回はこちら。 最初に弘中勝を好きになったきっかけになった言葉です | 弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#4 […]

  2. […] 前回はこちら。 最初に弘中勝を好きになったきっかけになった言葉です | 弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#4 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【戯言】健全な先払いをする | それに保証を求めるな。それは自分の人生だから。

2021/09/05(更新日: 2021/09/28) こんにちは、サチヲです。 戯言のお時間です。好きな人は好き。嫌いな人は嫌い。さて、あなたはどっちでしょうか。 もちろん、私自身にはクリティカルヒ …

【何の本か忘れてしまいました…すみません】 | しかし!安心子育ての為の理論武装として…

2021/09/01(更新日: 2021/09/06) こんにちは、サチヲです。 本当に何をメモっていたのだろうか。結構なボリューム且つ、内容も充実しています。 私の、子どもはもう3歳と5歳になったの …

弘中勝の人間力、人物像とは | 弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#2

2021/05/05(更新日: 2021/07/19) こんにちは、サチヲです。 私が勝手に感じているイメージで申し訳ないのですが…自己啓発的なフワフワしたものを嫌い、目に見える行動と分かりやすい言葉 …

『家族ってなんだろう?』という素朴な疑問に、ひとつの家族の形とその答えを出す【湯を沸かすほどの熱い愛】

『家族ってなんだろう?』という素朴な疑問に、ひとつの家族の形とその答えを出す【湯を沸かすほどの熱い愛】

こんばんは、サチヲです。 ネタバレあります。 『家族ってなんだろう?』という素朴な疑問に、ひとつの家族の形とその答えを出す。 中野量太(なかのりょうた)さんが脚本と監督を務めた『湯を沸かすほどの熱い愛 …

「こどもをドジで間抜けに育てる簡単な方法」 | そんな子育て方法を知らない間にやっているかも

こんばんは、サチヲです。 「こどもをドジで間抜けに育てる簡単な方法」そんな子育て方法を知らない間にやっているかも よく読むメルマガに、衝撃的な子育て方法が書かれていました。 知っている、知らないでは大 …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。