/> 【マラソン】理由はどうあれ走りたい。しかし続かない。どうすればいいか?? | サチヲん家
Written by Sachio Iinuma

【マラソン】理由はどうあれ走りたい。しかし続かない。どうすればいいか?? 

★学び 考え方

こんにちは、サチヲです。

【マラソン】理由はどうあれ走りたい。しかし続かない。どうすればいいか?? 

理由はどうあれ走りたい。しかし続かない。どうすればいいか??

走ることにかぎらず、いろいろな行動を続ける『コツ』があります。

この3つの『コツ』で、あなたも私もきっと続けられる。

  1. 友達と走る
  2. アプリでやる気UP
  3. 目的・目標とその計画をざっくり立てる

毎年いつも挫折している私ですが、この方法で今年はいきます。

では早速。

1,友達と走る

やはり、『持つべきものは友』作戦。

先日のブログでも書きました“ギターを続けるにはバンドをつくる。(ギター初心者の最初の壁とは。 | サチヲん家 (sachiway.net))”と一緒の考えです。

1人で走るということは、走っている姿を自分自身しか見ていません。『走る?走らない?』を決めているのは自分だけ。それは『走る』と決めると同時に、自分自身に『走る約束』もしているんです。その約束を破るか?破らないか?を毎回自分で決めているんです。

その自分との約束。実はかんたんに破ってしまうんですよね。だって、その約束を知っているのは自分だけ。他のだれも知らない。いつ決めたかも知らない。どんな内容かもどんな数字を達成させるかも知らない。知っているのは自分だけ。ということは自分という『ひとり』を裏切るだけ。これ思いのほか約束を破るのがかんたんなんですよね。

しかしここで『友達』という共犯者をつくると、あら不思議、約束を破りにくくなります。急に裏切りにくくなります。その友達との関係性が深ければ深いほど効果は抜群です。

ここで問題が1点。「こんなところに引っ越したから誰も友達がいないです。。」というあなた。心配ありません。

『友達と走る』という行動は『世間に宣言をする』という行動をしていることと一緒なんです。その世間を『友達』に置き換えているだけで、これを『ブログ』や『YouTube』というネットの世界や、『親兄弟』に置き換える。『学校の同じクラスの人や職場の同僚』の場合は関係性がうすいのでこの場合は“数”を増やしてたくさんの人に宣言しましょう。ちなみに『彼氏さん・彼女さん』なんて効果抜群です。

ポイントは、宣言したあと『裏切った時』、自分に被害度(恥ずかしい・口だけなやつ・失望される・笑われる・嫌われる)が大きいほどGOODでございます。だから、いくら『彼女さん』に宣言しても被害度が少ないようでは続きません。

 

2,アプリでやる気UP

やはり、どの分野でも文明の利器こと『アプリ』は必須ですね。

マラソン等のワークアプリは多数ありますが、私は『RunKeeper』を使っています。

何故アプリを使うかというと、ラクに記録ができるから。この1点が重要なんです。

GPSと連動しているので、走った場所・距離・タイム・カロリー等が勝手に記録される。素晴らしい。

もしあなたがアイコンの可愛さを重要とするなら、他のアプリにしましょう。モチベーションが上がるなら全く問題ありません

でも、数字が記録されるアプリでお願いします。次の3番で必要となりますから。

 

3,目的・目標をざっくり立てる

ここで、あなたがダウンロードしたアプリで記録した数字が必要となります。ちなみに『ざっくり』でいいですよ。

ここで、私が決めたざっくり計画。

  • 目的

痩せる。健康になりたい。体力をつけたい。

  • 目標

40分間止まらずに走り続ける(30分動き続けたあと、やっと脂肪が燃焼するとどこかで聞きました)。

ストレッチは5分以上かけ、念入りに(ケガの防止と筋肉痛をやわらげるため)。

1週間に2回走る(最悪2週間で1回でもいい)。

現在、72キロ。今年中に68キロまでおとす(コレは食事もやらないとですね)。

 

いかがでしょうか。これくらい『ざっくり』いきましょう。

ちなみに、目標を立てる時のコツとして『最高目標・最低目標』をつくるといいですよ。

もちろん素晴らしい最高の目標である『1週間に2回走る』が達成できたらいいですが、保険としての最低目標である『最悪2週間に1回』という感じにつくります。

これは、高い目標ができなかった時に「やっぱりおれは何してもダメなんだ。ダメダメだ。。」という嫌感をなくすためです。
最高目標ができなくてもあなたには最低目標がある!だからまだあなたのしていることは『継続中』なんで大丈夫です!という具合です。

 

いかがでしょうか。今回はわりかしライトな感じで書きました。もっとヘビーに決め事をつくり自分を追い込む方法もありますが、今回はズレてしまうのでまた別の機会に。

それでは、良いマラソンライフになりますように。

ではまた。